旦那が本気の恋にはまってしまいました

日本の夫婦の離婚率は35%、なんと3組に1組の確率で離婚をしていることになるのです。

その中でも原因として多いのがやはり「浮気」です。

信頼していた旦那さんが浮気をしているという事実は、本当に耐えがたいことですよね。

浮気には本当に恋愛感情を持ち、夢中になっている「本気の浮気」と、
一時的な性欲を満たしたいだけの「できごころの浮気」があります。

この記事では、「本気の浮気」に走ってしまっている男性の特徴と、そのときあなたがとるべき行動について解説していきます。

旦那さんの浮気は、今後の2人の人生を左右する大きなできごとです。

しっかり冷静になって考えて、行動を決めていくことが大切です。

旦那の浮気の問い詰め方
旦那の浮気発覚後、どうやって浮気を白状させるか考えています。どうすれば浮気を認めてやめさせることができるのでしょうか。探偵に調査させたらいいのか、弁護士に相談すればいいのかわかりません。

夫が浮気で本気のようです離婚するしかない?

旦那が本気の恋

旦那さんが浮気相手に本気になっているとき、必ずしも離婚することがベストとはいえません。

まず、離婚することによるデメリットを考える必要があります。

考えられるデメリットとして、

  • 浮気に腹を立てた勢いだけで離婚してしまうと、後悔する可能性がある
  • 子供へ悪影響を与える可能性がある
  • 生活費など、金銭面で苦労する可能性がある
  • 親権が父親側にいく可能性がある
  • 離婚することで、異性関係や恋愛にトラウマを持ってしまう可能性がある

などがあります。

それらのデメリットを考慮した上で、どうしても浮気を許せず離婚したい場合も、よく考えて行動をとることが大切です。

まず、浮気の証拠集めをしないといけません。

旦那さんの浮気に気づいても、しばらく気づいてないふりをするのです。

あなたが浮気に気づいてることが旦那さんにもわかってしまうと、旦那さんは証拠を隠滅しようとします。

浮気を原因に離婚する場合、証拠の有り・無しにより慰謝料が大きく変動します。

許せない気持ちは痛いほどわかりますが、怒り任せにならずに冷静な言動をとることが大切です。

夫が男性に恋をした場合その後はどうなる?

「旦那さんの浮気に薄々気づき、なんとか証拠を突き止めると、浮気相手は男性だった…。」

「旦那さんから、実は同性愛者であることをカミングアウトされた…。」

近年このような事例がいくつか見受けられます。

愛情を育んできた旦那さんに浮気されただけでもショッキングですが、相手が同性となると驚きのあまり腰を抜かしそうになりますよね…。

現代の日本において、LGBTは13人に1人の割合で存在するといわれています。

世間のLGBTに対する理解は年々緩和してきているとはいえ、自分の旦那さんともなると話は別ですよね。

さて、この場合結論は大きく分けて2つ考えられます。

  • 相手が同性であろうと浮気は許せないから離婚する
  • 相手が同性なので浮気していることには目をつむり、家族としての絆を守っていく

前者の離婚の場合、なんと相手が同性だと請求できる慰謝料が1/10まで下がるそうです。

後者の場合、離婚はせずにお子さんには内緒で旦那さんの浮気を黙認し、これまで通りの家族生活を送っていく、というケースがあります。

どちらのほうが幸せなのか。

胸に手をあてて、落ち着いて考える必要がありそうです。

本気の浮気の態度にはどんな特徴がある?

「本気の浮気」と「できごころでの浮気」があることは冒頭で述べたとおりです。

では本気の浮気にはどのような特徴があるのでしょうか。

考えられる特徴として、以下のものがあります。

  • 仕事を理由に家にいる時間が減る
  • 休日に家族でのお出かけを拒んだり、1人になりたがる
  • 髪型や服装、香水などに変化がみられる
  • 些細なことでいらだっていたり、口論になることが多い

誕生日や結婚記念日などを忘れている

このような兆候がみられる場合は黄色信号が点滅してるかもしれません。

かといって証拠もないまま責めたててしまっては、逆に証拠隠滅されてしまう恐れがあります。

ただの勘違い、という可能性もありますしね。

怪しいなと感じたら、焦らずにしっかりと裏付ける証拠を探っていきましょう。

コメント