旦那が離婚をほのめかす

旦那さんに離婚をほのめかされた方はどんな状況で言われたのでしょうか。

今回は、離婚をほのめかされた方々の体験談をご紹介します。

些細なことで離婚をほのめかす旦那

離婚をほのめかす旦那

旦那さんとは結婚して6年。

F子さんには2歳になる子供がおり、F子さん自身は契約社員として働いていました。

異変が起こったのは今年に入ってから。

ある日、旦那さんに「前々から思っていたけど、お前の性格にイライラする!!6年一緒にいて、もう耐えられない」と言われたそうなんです。

なにがそんなに気に入らないのかと聞くと、家事をしているときにバタバタと慌ただしく動いているのを見るのが気に食わないのだとか……。

忙しく働くあまり、片付けの際にコップを倒してしまったり、なにかにぶつかったりすると、それ見たことかとイライラが増すと旦那さんは主張したそうです。

今年に入り、新築の家を購入したこともあり、家が傷つかないか旦那さんはすごく神経質になっているのだそう。

「そんな些細なことで」と思ってしまいますが、旦那さんは本気。

その一件以来、家にほとんど帰ってこず、GWも子供を連れて実家に帰れと言うそうです。

結局、最近ではチクチクと「このままじゃ子供の教育にもよくないし、離婚しかないな」などと離婚をほのめかしてきているのだとか。

専業主婦なんですが離婚されそうです
ずっと専業主婦でやってきて、いきなり離婚を突き付けられても青天の霹靂。子供はどうする?お金はどうする?今すぐにでも準備するべきことを一緒にみていきましょう

精神的に追い詰めてくる旦那さん

旦那さんとは結婚して2年目。B子さんは1歳の子供がいる専業主婦です。

結婚を機に、会社をやめたB子さん。

旦那さんとは職場の関係で知り合いました。

子供が生まれたあたりから、旦那さんはB子さんに辛くあたるようになったといいます。

気に入らないことがあるとすぐに怒鳴ったり、離婚をほのめかしてくるのだとか。

毎日、ため息や舌打ちをB 子さんに見せつけるようにやり、気に食わないことがあれば一週間は無視されてしまうそうです。

B子さんは子供がかわいかったので、離婚は考えていなかったそうなのですが、旦那さんは次なる一手を打ってきました。

これまで節約すればなんとか毎日暮らしていけるだけのお金を毎月もらっていましたが、それもほとんどもらえなくなったそうです。

それなのに、旦那さんは休みの日になれば、海だ山だと友達とレジャー三昧。

会社の帰りに外食してくることも多くなったといいます。

それに比べ、B子さんは外食などできるはずもなく、毎日育児と節約に追われ、へとへとだと疲れた顔でおっしゃっていました。

離婚したくないとずっと旦那さんの申し出を突っぱねてきたけれど、この状況が続くようなら離婚するしかない……と思っているそうです。

コメント