旦那の気持ちが戻る方法

昔はラブラブだったのに、今は声をかけてもそっけない返事。

どうすれば旦那さんの気持ちが戻ってくれるのか分からない。

そんなときには、一人でストレスを抱えてしまう前に、旦那さんの不満はなんなのか考えてみましょう。

冷静に向き合ってみれば、意外と解決することも多いものです。

旦那の不満は何なのか

旦那の気持ちが戻る方法

まずは旦那さんの不満がなんなのかを考えてみましょう。

旦那さんが冷たくなる原因は、大きく3つあります。

旦那を放置しておくと、取り返しのつかないことに?!

旦那に気持ちがないと言われた
ついに旦那に「気持ちがない」と言われてしまいました…もう私たちは離婚するしかないのでしょうか。好きで一緒にいた時間や今までの夫婦関係ってこんなに簡単に壊れてしまうものなの?

ケース1 小さな不満がつのった

「毎朝、おはようを言ってくれない」「ゴミ出しのときにありがとうと言ってくれない」「ご飯を作ってもらえない」など、小さな不満が溜まりに溜まって、あなたに冷たくしている可能性があります。

言いたいことをつい我慢してしまう男性は、不満が無視という形になってしまうことも。

ケース2 喧嘩が多くてあなたのことを好きという気持ちが冷めてしまった

日ごろから喧嘩が絶えず、旦那さんの気持ちが冷めてしまった場合です。

喧嘩が続くうちにあなたのことを本当に好きなのかどうか分からなくなってしまったパターンです。

ケース3 口うるさい母親に感じてしまい、女性として見られない

結婚前はラブラブでも、子供が生まれると子供の教育を優先し、旦那さんの前でも「母親」のように接してしまうことはよくあります。

その結果、旦那さんがあなたに女性としての魅力を感じなくなり、不満を持ってしまうことがあります。

二人で話し合えているか

夫婦喧嘩というとマイナスなイメージがありますが、不満をため込んで我慢しているよりも、ちゃんと話し合ったほうが夫婦関係をキープできます。

旦那さんの不満を聞き出し、あなたの意見もしっかり言いましょう。

その際、絶対にしてはいけなのが、手を出すこと。感情的になり、言葉遣いが荒くなりがちですが、それもNGです。

あくまでも夫婦の話し合いは、絆を深めるためのコミュニケーションだということを忘れずにいてくださいね。

負担になっていることは?

夫婦の中で分担がうまくいっていないと不満を感じてしまいがち。

例えば、旦那さんのお小遣いを厳しく管理しすぎて、旦那さんが肩身の狭い思いをしているということもありますし、朝のゴミ出しや食事の準備など、旦那さんが負担を感じている場合もあります。

このまま旦那さんの不満を放っておいてしまうと、いつの間にかどうしようもないほどのスキマができてしまいます。

そのまま離婚……などということにもなりかねません。

思い切って、本人に「なにか悩んでいることはない?」と聞いてみるのも良いでしょう。

そのときには、優しい口調を心がけ、感情的にならないようにしましょう。

コメント